シャンプーのやり方

正しい知識できれいな髪を保とう

シャンプーのやり方って知ってますか?
そんなの知ってるなんてかえってきそうですが意外と知られてないんですね。今日はそんな正しいシャンプーのやり方について説明していきますね。

 

まずシャンプーのもともとの由来から。シャンプーとは地肌をマッサージすることという意味なんだそうです。だから髪を洗うのでなく地肌を洗うのです。
地肌が健やかでないときれいな髪も生えてきませんからしっかりと洗いましょう。そこで正しいシャンプーのやり方をレクチャーします。

 

まずお風呂に入る前の準備です。入る前に鏡の前で丁寧にブラッシングをしてください。このブラッシングはかなり重要でこれでふけや落ちやすい汚れを落としてしまいます。
また髪をブラッシングすることで毛が絡まなくなるのでダメージを与えずにシャンプーができます。
もし入ってから気づいたなんて思ったら手ぐしでもかまいません。

 

そして次にシャワーをします。このシャワーで大体の髪の汚れを取ってしまいましょう。濡らすだけではなく汚れを落とすつもりで!
次に浴槽につかります。しっかり温まることで頭皮の毛穴が開き汚れが浮き出てきます。そこで頭皮のマッサージをします。

 

このマッサージで汚れはかなり髪のほうに移動しました。そしてシャンプーを手に取りなじませた後に髪のほうにつけます。これで大体の髪の毛はきれいになりますね。
そしてきれいに洗い流した後に2回目のシャンプーをします。もうここまで来るとかなり毛穴は開ききっているので絶好のシャンプータイムです。

 

頭皮をマッサージするように円を描きながら洗っていきます。このときに注意するのが指先をつかうのではなく指の腹を使うのだということです。
ダメージを与えないためにも優しくゆっくりと洗い上げましょう。そのあとにまたきれいにすすぎます。しっかりすすぎましょうね。

 

そのあとにタオルドライで水けを取ったらお好みのリンスでもコンディショナーでもつけましょう。ものによって用途がちがってきますので良く説明はみておいたほうがいいです。
例えば軽くすすぐのか、しっかりすすぐのかです。なるべく頭皮につけるのは毛穴をふさぐ元にもなるので注意が必要です。

 

すすぎましたらもう終了です。お疲れ様でした。ちょっと面倒ですが髪は女の命ですからきれいな髪を保ちたいならどうぞ。